かみかんかぐ | ka MIKAN kagu

「かみかんかぐ」は二種類の紙管(かみかん)ピースを編み物の縦糸横糸のように見たてて組み上げ平面、立体を作るシステムである。これらはピースの増減でサイズ、形状の変更を可能とし、接着剤を使わないので素材のリユースも可能である。
 ”Kamikan-Kagu” is a system for building a furniture which selects two kinds of paper pipe (kamikan) piece like the warp woof of knitting finishes setting it up, and makes a plane and a solid. Since these enable change of size and form by the change in piece and do not use adhesives, re-using of a material is also possible for them.

データ DATA
構造 Structure:紙管 Paper Pipes

コメントは停止中です。