NHK長野放送会館 | NHK-Nagano Broadcasting Hall

1995年の公開設計競技のコンペ最優秀案の実現である。重要な放送機能諸室を建坪率の制限のかからない地下にすることで、約1000m2のワンルーム空間をつくりだした。見通しがきくことで緊急時などの対応の迅速さ、ひたすら広いことで機器等の変更などに対する高いフレキシビリティーを確保している。前方の公園から1階のエントランスロビーまで空間は連続的に続き、最後にブルーに塗られたインフォメーションウォールで視線が受け止められる。そこには9面マルチモニタ、検索コーナー、テレビスタジオなどの見学窓が並べられ、放送局の活動をプレゼンテーションする壁となっている。この壁にそって、地下に降りると、立体映像も見られるハイビジョンシアター、放送機能室の全部を見通せる見学コースがあり放送がどうやってつくられているか見学できる。
 The NHK-Nagano Broadcasting Hall is the realization of the most excellent plan of the open design competition in 1995. By making many important broadcast functional rooms into the underground which building coverage would be permitted, about 1000 m2 one room space was made. The high flexible ability is held for quick correspondences of emergency with clear view of vista, and possibility of changing apparatus with intently large space. From a front park to the entrance lobby of the first floor, space continues continuously and a look is caught with the information wall applied blue at the end. Inspection windows, such as a 9th page multi-monitor, a reference corner, and a television studio, are arranged to become the wall which carries out the presentation of the activity of a broadcasting station.If this wall is met and it gets down underground, there are a Hi-Vision theater where 3-dimensional scenography is also seen, and an inspection course which can keep seeing all of broadcast functional rooms, and it can inspect how broadcast is built.

データ DATA
所在地 Location:長野県長野市 Nagano, Nagano
構造 Structure:鉄骨鉄筋コンクリート+鉄筋コンクリート+鉄骨造 SRC+RC+S
延床面積 Total Area:5,997m2
竣工 Completion date:1997.06

コメントは停止中です。