作品 Works

横浜市立みなとみらい本町小学校 Minato Mirai Honcho Public Primary School



横浜市立みなとみらい本町小学校

Minato Mirai Honcho Public Primary School

横浜市のみなとみらい地区に建つ10年間暫定施設の小学校である。周辺の都市開発に伴い、一時的な学童数の増加に対処すべく採択された計画である。敷地は国道や高速道路に隣接し、周辺はビル建設ラッシュという、必ずしも恵まれた立地でないが、小学校という、子ども達にとってはかけがえのない時間の中で、学び育つ環境としての校舎であり、地域にとっては短期間でも開かれた拠点となることを目指した。一方で10年暫定施設であることから、経済性、解体の容易さ、リサイクルについて合理性を重視した工法や材料の選定を行なっている。躯体は鉄骨ブレース構造とし、セメント系外壁材等のリサイクル可能な材料を用い、内外装には乾式工法を採用している。

国道側に屋内体育館を配置し、そのボリュームで騒音を軽減するようにして、教室群を南北の2列棟として計画した。南棟には普通教室、中庭を挟んで北棟に特別教室、中間には図書室、多目的など全体を繋ぐ諸室を配している。

普通教室は学級編成や多目的な授業に柔軟に対応できるように配置し、教室と廊下は掲示機能も備えた木製可動パーティションとしている。階段には中庭からの光を取り込む装置としての役割を持たせ、踊り場や階段ホール脇、廊下の先などに溜まりの小空間を設け、木質系インテリアとして児童が心地よさや自分の居場所等を感じながら生活することが出来る計画とした。またイメージカラーとして、親校の横浜市立本町小学校の青色にみなとみらい校らしさを加えた「エメラルドグリーン」を採用し、ピロティの天井、階段の壁、外観に現れる柱などの建築要素に彩色している。限られた時間の中で、児童の空間の記憶となることを願っている。

This primary school is built in the Minato Mirai district of Yokohama City and is intended to be used for aperiod of 10 years.

Along with the urban development in the neighbourhood, it is a planadopted to cope with the temporary increase in the number of school children.

Though the site, which is adjacent to a highway, is not necessarily the best location, the school is coop ing with a construction rush and the resulting need for such a local facility even for such a short p eriod of time.

On the other hand, since it is a provisional facility for 10 years, we selected a construction method and materials that emphasize economical rationality, ease of disassembly and recycling.

Therefore, the frame is made of a steel structure; recyclable materials such as cement-based panels are used for the exterior wall; and a dry construction method is adopted for the interior and the exterior.

The indoor gymnasium of the school is placed next to the highway, in order to reduce the noise, while the classrooms are organised in two rows north and south.

The southern wing hosts ordinary classrooms, while special courses are being take place in the north wing, with courtyards, library and various multi-purpose rooms arranged in the middle, connecting the whole.

Ordinary classrooms are arranged in order to offer flexibility and multipurpose rooms, classrooms and corridors are separated from corridors by wooden movable partitions with posting function.

The main staircase acts itself as a device that can capture the light from the courtyard.

Landing areas display wooden interiors tainted in emerald green, providing both lighted and lively places for the children.

The same colour is being used for various other places or elements, such as pilotis, ceiling, or exterior faces of pillars which help giving an identity to the school.

データ DATA

所在地 Location:神奈川県横浜市 Yokohama, Kanagawa

構造 Structure: 鉄骨造 S

延床面積 Total Area:7,984.02m2

竣工 Completion date:2018.03

施工 Contractor: 渡辺・根本・昭和建設共同企業体

シンデン・矢口建設共同企業体

南・ホーセン建設企業共同企業体

中央エレベーター工業

 

コメントは停止中です。

通販 “MOS”

みかんぐみがお届けするオンラインショッピングモール"モス"。書籍からTシャツ、家具まで幅広く取り揃えています。チェックしてみよう。
ようこそ→
We manage an online shopping system "MOS" a.k.a. Mikan online shopping. there are various items from books to furniture we designed are available in it. Check it out!
GO→

特別 Special contents


みかんぐみ給湯室 スタッフによるブログはこちら→
MIKAN Kitchenette in staffs write every day GO→

曽我部絵日記 曽我部昌史のブログはこちら→
Masashi SOGABE blog
GO→


TakeBlog 竹内昌義のブログはこちら→
Masayoshi TAKEUCHI blog in TakeBlog GO→

プレス Press

業務・広報へのお問い合わせは
こちら→
Please direct requests & P.R. inquiries to:
GO→

求人 Recruit

就職・オープンデスク希望の方は
こちら→
Contact for applicants for employment and inteurns
GO→

メンバー Members


みかんぐみは加茂紀和子、曽我部昌史、竹内昌義、マニュエル・タルディッツの4人のメンバーによる建築設計事務所です。
詳しくはこちら→
MIKAN is an architectual design office that consists of 4 members, Kiwako KAMO, Masashi SOGABE, Masayoshi TAKEUCHI, Manuel TARDITS.
detail GO→

沿革 Outline


みかんぐみの会社概要、受賞歴等はこちら→
About company outline, prizes, etc. GO→

アクセス Access


住所 Address
〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町6-75関内北原不動産ビル4F kannai kitahara fudosan bldg.4F 6-75 otamachi Naka-ku, Yokohama Kanagawa, Japan
Tel (81) 045-650-5307
Fax(81) 045-650-5306

ウェブサイト Website

みかんぐみウェブサイト 2016.11 Renewal 編集・制作 Edit&Design:みかんぐみ MIKAN ウェブマスター:金子智哉(みかんぐみ) webmaster:Tomoya Kaneko(Mikan) http://www.mikan.co.jp/