作品 Works

国際庭園フェスティバル 2018年シーズン:思考の庭園



International Garden Festival at Chaumont Castle
2018 Edition : Gardens of Tought
国際庭園フェスティバル
2018年シーズン:思考の庭園


Ce jardin est la métaphore, le lieu, l’instant d’un éveil. Jardin d’initiation et de contemplation, il évoque le passage vers l’éveil spirituel, le satori.
Après avoir traversé une haie sombre, le visiteur découvre un premier espace très lumineux recouvert de graviers blancs, véritable “étang sec” qui le prépare à une nouvelle expérience. Le chemin, ponctué de pas japonais et de dalles de schiste, se termine par une grosse pierre, sur laquelle il est invité à se déchausser, avant de traverser un mur de bois, évocateur d’un pavillon de thé, dans lequel il pénètre par une entrée basse et doit se courber, en signe d’humilité.
C’est alors que surgit un autre “étang sec”, bleu, traversé de risées, au-dessus duquel des buissons semblent flotter comme des rochers ronds. Érables et cerisiers du Japon complètent le décor. Le spectateur, assis sur la terrasse d’un pavillon rustique qui le relie au sol, contemple cet étang bleu, qui voit défiler les saisons, au fil des floraisons.
Tout est-il eau ? Tout n’est-il qu’artifice ? En cet instant sans fond, dans ce monde d’apparence, il y a le présent, intensément.

この庭園はメタファーである。場所、目覚めの時。イニシエーションと感動の庭園は精神的な目覚めへと向かう一筋の道を思い起こさせる。
暗がりの垣根を通り抜けると、訪れた人は白い砂利で覆われた一つ目の光の降り注ぐ空間を体験する。まさに「枯れ池」と言えるこの空間が新しい体験へと誘う。飛石やケイ石のタイルによって分節されたこの道は、一つの大きな石のあるところまで続く。ここでまず履物を脱ぎ、茶室の存在を想起させる木の壁を通り抜け、そこで我々は不完全な存在であることを示すように小さく屈んで躙口をくぐり抜ける。
つかの間の静の時間を過ごし、もう一つの青い「枯れ池」に辿り着く。そこでは小さくそして荒々しい野生の木々がまるで丸い岩がふわふわと漂っているよかのように感じられる。日本のカエデや桜が空間に美しさを添える。田舎にあるような一軒家の、大地との接点となる縁側に座り、花の色の変化の中に季節の移ろいを静かに見守るこの青い池に思いを馳せる。
すべては水なのだろうか?ただの作り物ではないのか?この混沌とした世界における終わりのないこの一時、深くしみ入る今という時間。

データ DATA
タイトル:
The Garden of the Present Intensely

参加者:
Manuel Tardits (Architect, Mikan), Nicolas Fiévé (Architect), Florence Mercier (Landscape Architect), Frank Salama (Architect)
タルディッツ・マニュエル(建築家。みかんぐみ)、フィヴェ・ニコラ(建築家)、メルシエ・フロレンス(ランドスケープデザイナー)、サラマ・フランク(建築家)

コメントは停止中です。

通販 “MOS”

みかんぐみがお届けするオンラインショッピングモール"モス"。書籍からTシャツ、家具まで幅広く取り揃えています。チェックしてみよう。
ようこそ→
We manage an online shopping system "MOS" a.k.a. Mikan online shopping. there are various items from books to furniture we designed are available in it. Check it out!
GO→

特別 Special contents


みかんぐみ給湯室 スタッフによるブログはこちら→
MIKAN Kitchenette in staffs write every day GO→

曽我部絵日記 曽我部昌史のブログはこちら→
Masashi SOGABE blog
GO→


TakeBlog 竹内昌義のブログはこちら→
Masayoshi TAKEUCHI blog in TakeBlog GO→

プレス Press

業務・広報へのお問い合わせは
こちら→
Please direct requests & P.R. inquiries to:
GO→

求人 Recruit

就職・オープンデスク希望の方は
こちら→
Contact for applicants for employment and inteurns
GO→

メンバー Members


みかんぐみは加茂紀和子、曽我部昌史、竹内昌義、マニュエル・タルディッツの4人のメンバーによる建築設計事務所です。
詳しくはこちら→
MIKAN is an architectual design office that consists of 4 members, Kiwako KAMO, Masashi SOGABE, Masayoshi TAKEUCHI, Manuel TARDITS.
detail GO→

沿革 Outline


みかんぐみの会社概要、受賞歴等はこちら→
About company outline, prizes, etc. GO→

アクセス Access


住所 Address
〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町6-75関内北原不動産ビル4F kannai kitahara fudosan bldg.4F 6-75 otamachi Naka-ku, Yokohama Kanagawa, Japan
Tel (81) 045-650-5307
Fax(81) 045-650-5306

ウェブサイト Website

みかんぐみウェブサイト 2016.11 Renewal 編集・制作 Edit&Design:みかんぐみ MIKAN ウェブマスター:金子智哉(みかんぐみ) webmaster:Tomoya Kaneko(Mikan) http://www.mikan.co.jp/